脱毛コラム

アンダーヘアの脱毛方法でレーザー脱毛は毛が生えてこない期間が長い

アンダーヘアを脱毛する

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛方法では、脱毛サロンでのレーザー脱毛というのが1つ主流の方法になります。

これを利用している人がかなり多いと思うので、やはりおすすめと言える1つの方法になるのです。

そして、レーザー脱毛を利用するときのメリットとしては1度行えば、毛が生えてくるまでの間隔がかなり長いということが言えます。

レーザー脱毛はどの部位に関しても、基本的には1度施術をしてしまえば、当分毛は生えてこないということが言えます。

そこが大きなメリットで、1回脱毛サロンに行って、アンダーヘアの脱毛をするとしばらくは何もしなくて良いということなので、ここは脱毛サロンでのレーザー脱毛を選ぶことの意味と言えると思います。

脱毛サロンを利用する

脱毛サロンを利用すると、多額の費用がかかるということも言えますけど、1度やってもらうことでしばらく行く必要がないのであれば、意外と費用に関しては多額とは言えない可能性もあります。

他の方法はもっと頻繁に脱毛していかないといけないので、それに使う道具やアイテムの購入費用などがどんどんかさんでいきますから。

とはいっても、脱毛サロンにかかるほどの費用が発生するとは思えませんが。

だから、アンダーヘアの脱毛方法に関して脱毛サロンのレーザー脱毛は費用面はそこまで気にしないでも良い可能性があるのです。

脱毛でワキガが改善されるかどうかは個人差がある

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガが気になる女性
ワキガの臭いは、体毛とは関係があります。ちなみに、それにはアポクリン腺も関わってくるのです。

結論を申し上げると、ワキガの悪臭を何とかしたい時には、確かに脱毛は有効ではあります。しかし、それも個人差はあるのです。

そもそも脇の下から生じる悪臭は、アポクリン腺と呼ばれる器官が関わっています。アポクリン腺から分泌される汗に対して、雑菌類が反応する訳です。汗が多く分泌されるなら、雑菌類の数も増える事になります。ですからアポクリン腺が多い方々ですと、悪臭の程度も強くなってしまうのです。

体毛の量に左右される

それでアポクリン腺は、人によって数が違います。全体的にアポクリン腺が多い方々ほど、体毛の量も多いのです。

ですから脱毛が効果を発揮するかどうかは、脇の下に存在する体毛の量に左右されるでしょう。脱毛前に存在する体毛の量があまり多くないなら、レーザー脱毛の施術などによる効果も期待できます。アポクリン腺に関わる効果が、大きく発揮されると見込まれるからです。逆に体毛の量がかなり多い方々の場合は、レーザー脱毛の施術を受けても、効果が限定される可能性はあります。

つまり脱毛によってワキガが解消されるかどうかは、体毛の量に左右される訳です。「脱毛でかなり改善される方もいれば、そうでない方もいる」点だけは、断言できます。

学生の場合には立場を利用して、うまく勧誘を断ろう

学生のうちはなかなか経験などが少なく、脱毛サロンの勧誘というものもうまく断る方法というようなことを

知らなかったりするようなケースがあったりしますが、学生だから上手に断ることができる理由もあります。

こういった理由を出しておくことによって、相手も深入りしずらいので困ったらぜひ利用してみてください。

勧誘を断る女性

親の許諾があることを見せる

 まず、サロンに通っていることが親に許諾を得ていることを出してみるといいでしょう。

学生のうちはお金がなく、親がお金を出してくれるというような理由を出しておくことによって、親がお金を出してくれないとできないというようなことを

相手に分かるように言ってみるといいでしょう。

 お金がない相手からはやることはできませんので、勧誘をしにくくなります。

学生だからこそお金が少ない理由を出しましょう。

 学生のうちはお金がないのが一般的です。 サロンにはお金がかかります。

アルバイトをやっていたとしても、あまりに高額のものはできません。 生活費や家賃など他にお金を回せないというような

理由を出しておけば、こちらも相手は手を出しにくいものです。

 学生だからこそできる理由として、金銭面というのは非常に大きいです。

この辺りを上手に駆使して、相手の勧誘を断っておくといいでしょう。

埋没毛ができる原因と日焼けがひどい人の埋没毛の処理について

埋没毛について

埋没毛について考える女性
埋没毛は、自己処理によって肌に負担を掛けたり、肌を傷つけることによって肌の表面をかさぶたが覆うことでできる仕組みとなります。

特に、毛抜きによる自己処理は肌に痛みを伴うことになるので、剃刀より埋没毛になりやすい傾向があります。

さらに、毛抜きで毛を抜いても毛が生えにくくなることはない上に、同じ箇所の毛を抜くことで埋没毛を悪化させることになります。

そのため、埋没毛が悪化することで毛嚢炎や色素沈着に追われるリスクが高まることになります。

けれども、埋没毛や毛嚢炎ができてもクリニックやサロンに通うことで、埋没毛を処理しつつ毛嚢炎を改善することができます。

その上、自己処理と違って肌の角質を傷つけることがないので、新たに埋没毛ができる恐れがありません。

しかし、クリニックやサロンの脱毛は日焼けしている状態だと受けることができません。

理由として、レーザー脱毛や光脱毛は肌にレーザーや光を照射するので、日焼けしていると受けれないからです。

なので、日焼けがひどい人の場合は、電動シェーバーを活用するのが埋没毛の処理に適しています。

肌を保湿することが重要

電動シェーバーを使う前に肌を保湿することで、肌に掛ける負担を和らげることができます。

そのため、日焼けしていても電動シェーバーによって埋没毛を処理しつつ、無駄毛を処理することが可能となります。

そして、電動シェーバーで埋没毛を処理した後は、保湿クリームを塗ることで肌のトラブルになるのを防ぐのがポイントとなります。

産後のムダ毛の処理方法と脱毛の再開はいつから?

産後の脱毛・ムダ毛処理の方法

産後の女性
産後の女性の体はホルモンバランスが乱れているので、かなりデリケートな状態と言えます。そしてホルモンバランスが安定しない時期にエステサロンやクリニックでの脱毛をするときちんと毛根細胞が働きていないからレーザーが反応せず効果を実感することが出来ません。
何も医療レーザー脱毛だけではなく光脱毛、家庭用脱毛器といった光線を活用してムダ毛を処理する方法の全てに同じことが言えます。なので産後のムダ毛の処理をしたい人は電気シェーバーを使用して優しく処理を行って下さい。女性用の電気シェーバーならT字カミソリと異なり刃が直接肌に当たることがない設計となっているから出産後のデリケートな肌でも問題なく使うことが出来ます。

産後の脱毛・ムダ毛処理の注意点

妊娠中だけではなく授乳中もホルモンバランスが乱れたままです。さらに産後は育児と家事で多忙な日々を送っていて、特に赤ん坊の夜泣きなどで睡眠不足、疲労、不眠によるストレスを抱えて精神的にも体調的にも万全とは言えません。だから産後の脱毛再開は授乳期間が終わってからにして下さい。ホルモンバランスの乱れから産後はムダ毛が濃くなってしまうこともありますが、あまり早くから脱毛をすると効果が出にくい上に肌トラブルのリスクが上がるので注意が必要です。