埋没毛ができる原因と日焼けがひどい人の埋没毛の処理について

埋没毛について

埋没毛について考える女性
埋没毛は、自己処理によって肌に負担を掛けたり、肌を傷つけることによって肌の表面をかさぶたが覆うことでできる仕組みとなります。

特に、毛抜きによる自己処理は肌に痛みを伴うことになるので、剃刀より埋没毛になりやすい傾向があります。

さらに、毛抜きで毛を抜いても毛が生えにくくなることはない上に、同じ箇所の毛を抜くことで埋没毛を悪化させることになります。

そのため、埋没毛が悪化することで毛嚢炎や色素沈着に追われるリスクが高まることになります。

けれども、埋没毛や毛嚢炎ができてもクリニックやサロンに通うことで、埋没毛を処理しつつ毛嚢炎を改善することができます。

その上、自己処理と違って肌の角質を傷つけることがないので、新たに埋没毛ができる恐れがありません。

しかし、クリニックやサロンの脱毛は日焼けしている状態だと受けることができません。

理由として、レーザー脱毛や光脱毛は肌にレーザーや光を照射するので、日焼けしていると受けれないからです。

なので、日焼けがひどい人の場合は、電動シェーバーを活用するのが埋没毛の処理に適しています。

肌を保湿することが重要

電動シェーバーを使う前に肌を保湿することで、肌に掛ける負担を和らげることができます。

そのため、日焼けしていても電動シェーバーによって埋没毛を処理しつつ、無駄毛を処理することが可能となります。

そして、電動シェーバーで埋没毛を処理した後は、保湿クリームを塗ることで肌のトラブルになるのを防ぐのがポイントとなります。